コンセントの豆知識

コンセント
2022年3月10日 | カテゴリー:住まい

熊本県でNo1の電気工事士在籍数を誇る九州電設株式会社の
くらしのドクター事業部が、知って得する電気の情報をお届けしております。

 

第1回「コンセント編」

コンセントの差込口は左右の大きさが違う
コンセント
コンセントに向かって左の差し込み口は9mm、
右は7mmとわずかに大きさが異なります。
右を「ホット」、左を「コールド」と呼び
・「ホット」=電流を送り込む役割
・「コールド」=電流を帰す・逃がす役割
万が一電圧がかかりすぎたときに、
コールドが電流を逃がすことで火災などの
トラブルを防いでくれています。
コンセントの寿命は
コンセントの寿命は10年と言われています。
寿命になると発熱し、最悪の場合は焼損、
火災の原因となりますので交換をお勧めします。
『こんな状態は危ない!』
・本体やカバーが熱い
・本体やカバーに変色、膨れ、
 ひび割れなどがある
・プラグの抜き差しが極端に弱くなった
コンセントには種類があるか
●単相100V
100Vの電圧に対応したコンセントのことです。
一般家庭で多く用いられる種類のコンセントで、
スマートフォンの充電など日常生活を送るためには欠かせないものとなります。
●単相200V
エアコン・クッキングヒーター・大容量の
冷蔵庫のように大きい電力を必要とする際には
100Vではなく200Vのコンセントを使います。
●三相200V
三相200Vは、単相とは導線の数が異なります。
3本の電線すべてに200Vの電圧が流れます。
三相200Vを使う場合は電力会社と契約をしないと使用することができません。
大きな出力で家電製品など作動させることができるため、
工場や大きなショッピングモールでこのタイプを使うことが多いです。
家電を使うときは、コンセントの特徴を理解しておけば不要なケガや、
家電の破損を防ぐことができます。
専用コンセントとは
電子レンジや、エアコンのスイッチを入れた途端に、
”ブレーカーが落ちた”という経験はないでしょうか?
専門コンセントの増設で解決できるかもしれません。
消費電力が1,000ワット以上の電気製品は、
他の器具と一緒のコンセントで使用すると、
配線用遮断器が切れ、ブレーカーが落ちます。
専用コンセントは、分電盤の子ブレーカーが
対象のコンセント1つのみに接続されているコンセントのことです。

電気製品1台専用のコンセントということです。

照明のちらつきや、オーディオ機器への雑音の障害、配線の火災が
発生したりすることも考えられますので以下の製品には専門コンセントが必要です。
・ エアコン
・電子レンジ
・IHクッキングヒーター
・浴室暖房換気扇
・食洗器
・洗濯機

・コンセント増設の費用

1つのコンセントから使える電気は
電気にまつわる基本的な単位は次の3つです❕
電流:アンペア(A)電気の流れの大きさ
電圧:ボルト(V)電流を流す力の大きさ
電力:ワット(W)電気がする仕事の大きさ
一つのコンセントで使えるのは1500Wまで!
電流、電圧、電力の関係は次の式で表されます。
 電流(A) × 電圧(V) = 電力(W)
一般的なコンセントに流せるアンペア数は15Aまでで、電圧は100Vです。
ですから、一つのコンセントで合計1500Wまで使うことができます。
15A × 100V = 1500W
ちなみに一つの回路で使えるのは2000Wまで
一般的なブレーカーは20Aです。一般家庭用の電圧は100Vです。
ですから、一つの回路で合計2000Wまで使うことができます。
ブレーカーが遮断されてしまう!
契約電流を見直したい時は
計算してみてください
アース線は何のため

洗濯機や冷蔵庫の電気プラグに緑や黄色のアース線が付いていますよね。

これ何のためだか分かりますか?
アース(接地)とは、電気機械と大地を電気的に接続することをいいます。
電気機械からの電気を地面に逃すので、以下のような効果があります。
・感電防止
・電気機器の破壊防止
・静電気障害の防止
・避雷
・通信障害の抑制
・ノイズ防止
洗濯機、冷蔵庫、電子レンジなどはアース付きコンセントに接続するようにしましょう。

 

コンセントの裏側は
コンセントの裏側がどうなっているか知っていますか?
実は分電盤から、屋根裏や壁の中をつたって
各コンセント、電気器具まで配線されています。
⬇︎
電線の接続は差込コネクタに差し込みます。
⬇︎
屋内配線作業は一旦中断し、壁の中に断熱材を
入れたり天井や内装壁を仕上げます。
⬇︎
コンセントやスイッチの裏側にある差込穴に、
電線の芯を差し込むことで配線が完了。
コンセント等の固定は、コンセントのパーツのネジ穴から
埋込スイッチボックスにネジで固定する仕組みです。
電柱から家の中へ電気が入ってくる経路としては、
電柱側から変圧器(トランス)、引込線を経て「引込線取付点」
というところまでが電力会社の管理する範囲です。
ここからメーターを通って家の中の分電盤に至ります。
先は国家資格を持った電気工事士が行います。

くらしのドクターにご相談ください

九州電設トップ

創業は昭和51年。九州電設にはお客様から長く愛される理由があります。

熊本県No1の電気工事士在籍数

当社は、県内で最多の94名の電気工事士が在籍する技術者集団です。
多くの職人を動員できることで、
・イレギュラーで工程がずれ込んでもスピードを高め、期限内に工事完了させられる
・複数の業者とやりとりする必要がなく、お客様の管理コストを削減することができる
・自社施工で高い品質を維持している
という特徴を持っています。

そのため、サクラマチクマモト、熊本空港など熊本県内や九州を代表する
建物の建設のほとんどに携わっています。

創業は昭和51年

また、技術者の人数や、創業からの培われた経験で
・大規模な建物から一般住宅。
・高圧から低圧。
・太陽光設置から内線工事。
まで幅広い工事に対応しております。

そのため建物の構造を熟知しています。設備業者に依頼をしたけど、
配線の関係で追加工事が必要になった経験がある方もいると思います。
当社では、1社で設備の手配と取り付け、加えて電気配線を行えることが
大きな強みになっています。「機器代+工事代」でのトータル金額で
お客様にお伝えできることが安心感につながっています。

社員数が多くなっても班制度を導入することによって、
機動力を維持し地域密着の小回りが効くサービスを展開しております。

接客、サービスも

当社では、B to Cで一般家庭への提案工事、「くらしのドクター」事業を
展開しております。入居者対応、お客様対応も安心してお任せください。