【保証・補助金】エコキュートの交換時期とは?【解説】|熊本の電気工事

2022年7月25日 | カテゴリー:エコキュート

エコキュートの交換をご検討の場合、交換時期や製品保証、補助金情報を入手しておくことで、安心してご家庭に合うエコキュートを選ぶことができるのではないかと思います。

このブログでは、交換時期について耐用年数と保証の期間があり、後から高額な修理をしたくない方向けに書いています。

エコキュートの交換時期とは

  • 設置から10~15年経過したエコキュートを使用している
  • メーカー保証が切れた製品を使用している

設置から10年~15年経過したキュートエコを使用している

エコキュートの耐用年数は、使用環境によって劣化が早いこともありますが、一般的に設置から10年~15年だと言われています
。耐用年数を過ぎた
エコキュートは、修理を何度しても改善されない場合もあるので交換することをおすすめします。

エコキュートのような高額な電化製品は、何度も修理をするよりは最新のものに交換した方が、優れた機能と省エネで生活や経済的にも取り組みます。

メーカー保証が切れた製品を使用している

エコキュートの交換時期はメーカーごと、または製品ごとに保証期間が変わりますが、メーカーの保証期間が切れた場合も交換しておくといいでしょう。
保証期間が過ぎてしまった場合、高額な修理費用を結合する必要があります。

故障してしまった原因とは

エコキュートは「初期故障」、「初期故障」、「偶発故障」によって故障してしまうケースが多いです。

エコキュートは精密な部品と複雑な構造から、初期段階から故障したり、小さな部品が使用を重ねるごとに摩耗を起こしていたり​​と、突然故障を起こします。

そのため、メーカー保証がついている製品が多いです。
高額な修理を防ぐためにも定期的なメンテナンスと部品の交換をおすすめします。

メーカーごとの保証について知る

無料保証期間は、本体が1~5年、熱交換器やコンプレッサーは3~5年など、メーカーごとに差がありますが、有償の延長保証サービスもあります。

また、10年前の部品を修理依頼する場合、旧式の部品がなく修理を断れるケースもあります。 その場合は、最新のエコキュートに交換することを検討された方がいいでしょう。

【メーカーごとの保証期間】

メーカー 本体 ヒートポンプ 貯湯タンク
三菱 2年 3年 5年(缶体)
パナソニック 1年 3年 5年(水漏れ現象)
ダイキン 1年 3年 5年(缶体)
コロナ 2年 3年 5年(缶体)
日立 1年 3年 5年(缶体)

また、メーカーごとに制限があるものの10年くらいの延長保証制度があります。

メーカーのエコキュート保証について

出典:三菱エコキュートの保証制度

出典:≫Panasonicエコキュートの保証制度

エコキュート交換工事はくらしのドクターにおまかせ

くらしのドクターは電気工事を専門とする会社です。

電気のことを総合的に整備施工店だから、
お客様の生活スタイル、電気使用状況、太陽光も含めた住宅設備に合わせて
機種や施工方法を選び、初期費用だけでなく、導入後の電気代を含めて安く、
お客様にとって最大の効果が得られるご提案をします。

修理も交換も、くらしのドクターにお任せください!

お問い合わせ

補助金合わせ

LED化や太陽光システム、デマンドコントロールの導入設備といった
節電効果の高いやシステムをご提案。お客様の省エネ対策をサポートしております。

節電対策によるランニングコストの削減ばかりではなく、設備導入時のイニシャルコストの削減についてもお客様の
ベネフィットを一番に考え、
補助金申請のご提案や最適な製品選びまでお客様のニーズに確実に応えているます。

九州電設ホームページ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。