リフォームや新築を建てる前にネットの快適空間づくりを検討しませんか|熊本の電気工事

宅内LANのすすめ
2022年5月21日 | カテゴリー:宅内LAN

wi-fi環境を改善したい、こんなお悩みを持っていませんか?

有線LANから配線が必要ない無線LANに変えたいと思っている方もいるでしょう。

ですがwi-fi環境を改善したいなら宅内LAN(有線)がおすすめです。

無線LANは配線を持って来なくていい分便利ですが、wi-fi環境の質は落ちてしまいます。1つの無線LANでは家全体まで行き届かないから、もう1つ無線LANを増やしたけど、変わらず繋がらない。

一方、有線LANは配線が邪魔になるのは間違いないですが、家全体の配線計画(宅内LAN)をリフォームや新築を建てる際に実行していれば、配線の問題はなくなるでしょう。

今回は宅内LANのご紹介になります。

無線LANではすべてのお部屋にはインターネット電波が行きつかない問題

無線LANでインターネットが繋がらない場合、電波干渉を起こしているか、障壁(物理)が多すぎたか、ファームウェアやドライバーのバージョンアップの更新がなされていないといういくつかの問題点が浮かびます。

宅内LAN導入(有線)のメリット

リフォームや新築を建てる前に、有線LANを家中の壁の中に構築しておくことで、配線が蔓延ることはありませんし、同時に必要なお部屋に無線のアクセスポイント(AP)を設置すれば、無線LANも快適にご利用いただけます。

つまり、宅内LANを導入することで、インターネット接続の確実性が上がるということです。

宅内LANの導入を検討

導入を検討する場合、リフォームや新築を建てる前に、守備よく将来のライフスタイルを見据えた配線計画を立てましょう!

宅内LAN配線は壁の中を通して行うため、工事が進んでしまってからでは解決できない問題も出てきます。

そのため、建てる前にしっかり考えることが重要です。

 

くらしのドクターは「くらしのお困りごと」を解決します

小さな電器店や工務店の廃業が相次いでおり、一般消費者が安心して任せられる業者がないということで1年半前に小口工事事業「くらしのドクター」を開始しました。

小さな工事も大きな工事と同等に丁寧に対応し、お客様のやり取りを大事にしています。

小さな電気のお困りごとでもご相談いただき、地域の安心できる電気工事として知ってもらえるよう目指していきます。

電球1つ、電気のお困りごとならご相談ください。

LINEでお問合せメールでお問合せ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。